読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日出てゐる青い空

日々雑感をつづります。ホームページでは本の紹介などもしています。

ホームページ>るびりん書林別館
Twitter@goone3toshi
「Amazon.co.jpアソシエイト」

人の形をした神

文明は本来のあり方ではない。

そう考えながら未開社会のありようを見ていくと、

確かに私たちの価値観は根本的に誤っている。

 

誤りの根源は、

人の形をした神が

私たちに未来を託していると

思い込んでいることにありそうである。

 

この世は人類の都合に合わせてできていると信じ、

人類は進歩して、今よりも素晴らしい存在になれると

思い込んでしまっているかのうようである。

 

そんなことはないという人でも、

電気エネルギーの利用や農耕を私が否定したなら、

「そんなバカな」と思うことだろう。

人類の愚かさを前提として

社会を作らなければいけないと聞けば

「悲観的すぎる」と思うことだろう。

 

だが、現代の真実はどこにあるのだろう。 

 

アルバート・アインシュタイン、グーグルの創業者ラリー・ペイジとセイゲイ・ブリン、フェイスブックの創業者マーク・ザッカーバーグマルクスフロイトマイクロソフト前社長スティーブ・バルマースティーブン・スピルバーグデリバティブ金融派生商品)の父レオ・メラメド、インテルの創業者アンディ・グローブ、FRBの議長を務めたベン・バーナンキと後任のジャネット・イエレン。*

 

このような人々が活躍し、大衆は金や法律やテクノロジーでがんじがらめだ。

 

優しくなり、楽しくなり、快適になったように見える現代社会を、

未開社会と比較したときに見えてくるのは、

見せかけの楽しさの裏で

「人は死ぬ動物だ」という事実は一切変わっていないということだ。

 

人は動物であり、人は死ぬ。

この事実は文明によっても知恵によっても変わることはない。

人は本来、日々この事実と意識的または無意識的に向き合って

生きる存在であるはずなのだ。

 

人は動物であり、人は死ぬという変ることのない事実は、

人に多産多死であることを要求し、

夜を明るくしないことを要求し、

町を作らないことを要求する。

 

つまり、動物として生きなさいと要求するのである。

動物として生きようとしないならば、

お前たちは自らの手で

現代社会のようながんじがらめ状態を作りだすと

私たちに告げているのだ。

 

人の姿の神を心に描いて

動物たちとは違う存在として生きようとしてきた人類。

この勘違いががんじがらめ状態を生む。

 

人は巨大権力に逆らうことの許されない中で

民主主義を叫ぶという矛盾から目をそむけて

まだ理想を追おうとしている。

 

神は人の形などしていない。

人の思い通りになどならない。

人が自然の法則に従って生きる以外に先はない。

 

 

 *『ユダヤに伝わる健康長寿のすごい知恵』

 

 

 

 

 

 

 

 

話題のダイエット方法