毎日出てゐる青い空

日々雑感をつづります。ホームページでは本の紹介などもしています。

ホームページ>るびりん書林別館
Twitter@goone3toshi
「Amazon.co.jpアソシエイト」

安穏としては折られない日本人の危機

接種の開始以降、日本で急激な人口減少が起きています。

日本の人口増加を目指す男、藤江です!

さんによると、特に今年(2022年8月)は昨年の8月と比べて死者数が20%増える状況である一方、今年2022年の出生数は昨年に比べて5%以上少ない状況が3月から7月(現時点の最新)まで続いています。

 

これは異常事態であり、感染症騒動が発生していなかった場合とはくらべものにならない急激な人口減少が進んでいることを示しています。しかも、その大きな原因として接種が考えられるのです。

 

こうした異常事態が進んでいるにもかかわらず、厚生労働省はまだ接種を推進しようとしており、死者の急増と出生の急減を問題視する国会議員や地方議員は藤江さんなどわずかな議員を除いてみられません。本来であれば、超党派で協力して、接種を即刻やめさせなければいけないはずの状況であるにもかかわらずです。

 

同じような異常は、今、日本の土地や株がどんどん外国人の手に渡っていることに対して、声をあげる議員がほんとうに少ないことも該当します。やはり本来であれば、そうした国家存亡の危機を招いた政策を即刻見直して、これ以上、失わないようにする必要がありますが、現実には逆に、そうした行為を促進する円安をかえって歓迎するような発言を総理大臣がしてしまうような有様です。

 

日本人にはなかなか認めない生活保護を、来日したばかりの外国人にはさっさと認めてしまうのはおかしいとか、日本人を敵視する教義をかかげる宗教を宗教法人として認めてしまうのはおかしいとか、不審な点はほかにも多数あります。

 

どれも共通するのは、マスコミや政治家が一切騒ぎ立てない中で、日本人の暮らしを貧しく、危険にしていく施策が次々と進められているということです。

 

たとえば接種が見直されないことを日本の医者や厚生労働省の利権がらみであるととらえることは、この場合、まったく意味をなさないと私は考えます。どの製薬会社の薬どれだけ購入するかは日本人が決めているわけではないと思われるからです。他の事例についても同様であり、日本人の数を減らし、財産を減らしていこうという意思が一貫して感じられます。

 

それを象徴するのが「令和」という元号であり、和人に命令するとも、和人を零にするともとれるのです。

 

なにを馬鹿なことをと思われるかもしれませんが、今回の感染症騒動が暴露したのは、マスコミも、国も、国際機関も、インターネットの世界も統制して事実をねじまげ、全世界で人々の行動を統制できる体制ができあがっているということであり、そうした人々こそが、日本人をこのように迫害している勢力であるということです。学校でヒップホップは教えるが、草書や横笛は教えないのはなぜなのかといったことを考えてみるべきなのです。

 

人々がこの統制の存在を事実であると認識すれば、統制は利かなくなり、計画は失敗します。しかも、もうほとんどの人は、おかしいと気づいているはずなのですから、そうなる時期は間もなくであるはずです。

 

一刻も早くマスコミから離れ、事実を確認するための行動を起こし、計画を失敗に終わられましょう。

時は満ちた

本当の生き方ができる世界へ戻る時がやってきた

カネはなくなり

会社も学校もなくなり

電気も使わず

命の自然な循環の中で生きる。

 

大地に植物が戻り

水の流れる川が戻り

小魚が、カエルが、かたつむりが戻り、ヘビが戻る。

 

シカやウサギ、イノシシ、ヤマドリ、キツネ、タヌキ、なつかしい動物たちが草や木の間に隠れ、夜は暗く、物の怪たちも復活する。

 

まがいものばかりのあふれていた、カネの支配する文明社会の亡びを、この感染症騒動を引き起こした者たちは見ることになった。

日本人は気づいた

余りにも不自然な感染症騒動は、

日本人の目を覚まさせることになったようだ。

 

免疫を高めるはずの注射を打った途端に命を落としてしまう人の多さが、決定打になったといえよう。事実、接種数と、昨年と比べてどれほど死者数が増えたかの間に、あまりにも強い関係が見られ、もはや接種が直接的な死因といえるほどの状態が判明している。

 

このような状況で、いまだにワクチン接種をすすめようとする国やマスコミを信じる者などおらず、おそらく推進側のマスコミ人や役人でさえその大半は、もう欺瞞だらけの毎日に嫌気がさしはじめていることだろう。

 

今回の件を通じてわかったのは、国もマスコミもおそらくは国民にとって敵であるということである。それゆえに、危険な除草剤を禁止するどころかかえって規制を緩めてホームセンターの入り口に並べるようなことが次から次へと起こることになり、どんなに反対運動をしてみてもいっさい顧みられないことになるのである。

・国立大学の授業料を大幅にあげたこと

・無償や低金利奨学金が減り、金利の高い奨学金ばかりになったこと

・結婚して子供ができても支援が薄いこと

・子育て家庭の支援のはずがなぜか保育園が増やされること

・外国人にばかり生活保護が支給されていること

・外国人ばかり公営住宅に住んでいること

・外国人ばかり子育てをしているように見えること

非正規労働者を増やしたこと

・消費税をあげてきたこと

法人税をさげてきたこと

外資が進出しやすくしてきたこと

・メディアがAmazonUberコストコだと外資ばかり肯定的に取り上げること

・年金がなくなり、投資に向かわせられていること

 

感染症騒動を無理やり起こして続けてきたあげく、危険な物質を体内に注入するよう促されて従ってしまった人々は、今回限りのできごとではなく、同じ悪意が長い間ずっとこの国の国民に不利益を被らせてきたことに気づくことになったのだ。

 

小泉純一郎を持ち上げて自民党を圧勝させ、国民を貧しくさせたのは間違いなくマスコミであり、日本政府であり、日本の官僚たちである。

 

間違いなく地震津波に襲われる東北に原発を作り、漁業権を企業の手に渡し、水道の利益だけをフランス企業に売り渡そうとしているのも、日本の政治家・官僚たちであり、それを一切問題視しないマスコミもまた同じ穴の狢である。

 

感染症騒動は世界的なものではあるが、特に日本は、ワをレイにするという元号にふさわしい攻撃を受けている。日本の為政者たちは危険な免疫力低下薬を押し付けられ、ISDN条項によって廃棄も返却もならず、国民の体に注入させようとやっきにならざるを得ないでいる。

 

しかし、日本人は目覚めた。

もうマスコミの言葉はそらぞらしくしか聞こえず、国からのメッセージは、悪魔の言葉にしか聞こえない。

 

感染症騒動で勝負をかけてきた相手は敗北間近なのだ。

 

 

日本は意図的に貧しくさせられている

世界の最低賃金

世界の最低賃金

私は、以前から、上海や韓国の初任給が日本より高いという話は聞いていましたが、それは一部の極端な例をとりあげたものであって、平均的にはまだまだ日本のほうが高収入なのだろうと考えていました。ところが、今回(2022年)の参院選を通じて、収入が増えていかない状態をここまで長く経験しているのは、日本だけであることを知りました。

 

日本人の収入が伸びていかないのには、はっきりとした原因があります。1つは、非正規労働者を増やしたこと。1つは、消費税を増税した分だけ、法人税を引き下げたことです。また、今回岸田総理が表明した数兆円規模のアフリカ支援のような多額の資金投入を繰り返したことも影響しています。

 

非正規労働者を増やして世帯年収が減った分を、女性の働きやすい環境を作って少子化支援をするぞなどという政府では、賃金はさらに下がり、少子化が進むのは当たり前でした。

 

消費税の増税とセットになった法人税減税は、企業の内部留保を増やすだけでなく、株主により多くを配当するという形で還元されました。そうした企業の大半は、表向きは日本企業に見えても、株式の多くを投資信託会社が持ち、そうした会社の株の大半を外資企業が持つという形となっており、結局、消費税増税分を吸い上げるのは、外国人資本家たちでした。

 

日本人の収入が減っているところに、政府が外国に支援金として資金を流すことで、国内での消費は減り、さらに収入を減らす結果になっています。

 

このように、派遣法の改正も消費税増税法人税減税のセットも、安倍政権で目立った外国への資金投入も、私たち日本人の収入を上げにくくする効果を持ち、外国との相対的な成長率を引き下げる効果を持っていました。

 

つばさの党の黒川氏が問題視しているCIAとのつながりや、安倍元首相暗殺事件の結果さわがれるようになった統一教会とのつながりを、「敗戦国なのだからしょうがない」とか「長年うまくいっているのだから問題ない」と言えないのは、上に述べたような、日本人の収入を低下させる政策として表れてくるからです。そのうえ、この次には、憲法改正から徴兵制の導入へと進み、経済的に困窮した若い日本人を兵隊として戦地に送り込むことが画策されているのではないかという話もききます。

 

東京五輪や観光客誘致や、外国人研修生という名前の移民など、あらゆる動きが、同じような影響力の下で進められているものと思われます。

 

私が若いころに読んだ『アメリカ合州国』(本多勝一)には、黒人の仕事は全部ボーイと呼ばれるような給料の安い下働きばかりで、単に働いている場所がホテルなのか、銀行なのか、新聞社なのかという違いしかないが、仕事を聞くと「ホテルで働いている」などと答えているという話が載っていたと記憶しています(正確な記述は覚えていません)。今の日本は、それに近い状況に追い込まれつつあると私には思えてしょうがありません。せいぜい外資系企業の日本支社の中間管理職までしか行けず、外国人の上司がやりたがらない仕事を押し付けられて嫌といえずに苦しむ日本人の様子が目に浮かびます。

 

そんな未来を子どもたちに残したくないのであれば、事実を事実として受け入れて、自分たちの居場所を作っていかなくてはいけません。

人生の生き方は本当は変わっていない

昔の人は、成長が遅く、今と比べて2才くらい遅れていたはず。

性の成熟

 明治から大正にかけて女性の初潮の早発化はあってもゆっくりしたスピードであった。しかし大正末期から現在までは一貫して性成熟の早発化が進行している(戦争の遅れを除けば)。思春期前に急速に身長が伸びる時期の年齢も明治以降しだいに若年化に向かっている(発育加速化現象)。明治時代の初潮年齢は14.7歳と記録されているが,現在では12.4歳までになり,2.3年も弱年化している。

歯の豆辞典より

 

一方で、かつての社会では、初婚年齢は若く、初潮を迎えて数年のうちに結婚し、出産を迎えるような状況だった。家の猫が出産したときもそうだし、未開社会を見渡してもそうだ。女性は、性的に成熟したとなると、早速に結婚して、子を産むというのが生物のリズムだった。

 

ところが、現在の社会では、性成熟が早まる一方で、初婚年齢はどんどん遅くなり、初潮を迎えてから十数年もの間、結婚しないのが普通になっている。平均寿命も延び、健康で過ごせる期間も長くなったのだから当たり前なのだという考え方もあるが、私には、そうは思えない。

 

企業の都合に合わせて作られた食品を食べ、医療マフィアの都合に合わせた医療を受け、月々光熱費を支払って水や電気を提供されることが、人の生き方を大きく変えたのだが、それはすべて、そうした生き方をさせることで儲ける人々のたくらみの結果でしかないからである。

 

いつも言うことだが、文明は人を本来の生き方から遠ざけた。子どもの遊び場はなく、自然から遠ざかり、仕事や資格取得や、与えられた娯楽の消費にいそしんで一生を終える。

 

本来であれば、栄養価ばかり高い食べ物ではなく、原料に近い食べ物を食べてゆっくり育ち、性成熟から間もなくして結婚、子育てを経験し、少ない資源を消費して、生きることができていた。

 

健康で怠け者でなければ、だれにも雇われることなく生きていくことができるのが、生命の本来の世界であった。

 

動物たちは、そうしていき、そうして死んでいる。

 

私たちだけが、カネの奴隷となり、カネを生む人々の下僕となって、不自然な生き方を強制される。カネが発明された当時から、人はカネを受けいれることを拒んでいたのだが、粘り強い導入の取り組みが繰り返されて遂にカネを受け入れた結果が今である。ワクチンや輸血にしても、当初の反発こそが自然であり、今は不自然な状態であるといえる。

 

時計もカレンダーもなく、畑を耕すことも、動物を飼うこともしなかった時代が、人の音本当の時代である。

 

そこには、私たちに不自然な生き方を強制する支配者はいない。

 

 

身近な茂みに蛇が潜み、キツネがウサギを狙い、シカの声も聞こえてくる

人が自然を支配できると考え始めたとき、人は、人に支配される結果を招いてしまった。あらゆる命がカネの力で支配される世界が生まれてしまった。

今、人は、最終局面を前に、本当の幸せが何であるかを悟った。

それは、自然に合わせて生きていくことであり、自然に支配される中で、命を人の支配から解放し、自らの命も自由にすることである。

 

老いも病も、治療の対象ではなく、自然の運命に任せて生きる。

カネを捨て、言葉の力を極限まで弱めて、自然の支配に身をゆだねる。

 

電気も農業も捨て、日々生きること困難な挑戦となり、自体が充実感を与えてくれるような自然の世界こそが、本当の幸せである。

木陰に座って休むことができた人々

道行く人のために木陰を作った「逝きし世」は、西洋先進文明の侵略によって、金のないものは座るなという世界に変わった。

 

皆が恩恵を受け取ることのできた海は、立ち入り禁止の工場地帯に変わり、独占の対価も、環境破壊の対価も払うことなく、製品を売り、利益を出し、廃棄物の処理費用も市民に負担させる。

 

環境を破壊するものが、環境保護を訴えてビジネスを作り、人々に負担を押し付けて利益を上げる。

 

反物は、少しの端切れも出すことなくさまざまな和服に加工できるように工夫されていた。そのような伝統を持つ日本の製品は、分解修理できるようにできていた。バブル期に、日本の市場が閉鎖的だとマスコミが騒いて格安製品が手に入るようになったが、驚いたことに、そうした製品は壊れやすく、修理もできないゴミばかりだった。

 

若い人たちは、日本という国が、西洋礼讃の前に、ごみだらけ、金儲けだらけの、野蛮で低俗な国になってしまっていっていることを知ってほしい。

 

コロナ報道に限らず、公的に流される情報(政府、新聞、テレビ、教科書、雑誌)は、すべて、こうした動きを作るために編集加工され、事実を隠しているのだ。

 

事実を知るためには、昔の事実がどうであったのかを、その当時のものに触れて確認していくしかない。

 

道行く人たちのために、涼しい木陰を用意しておき、だれでも無料で使えるようにしてあったのが過去の世界である。休む場所もない街が美しいはずはなく、巨大なガラスをはめ込んだ高級ブランド点はただただ経営者たちの醜い計算や排他が生んだものにすぎない。

話題のダイエット方法