毎日出てゐる青い空

日々雑感をつづります。ホームページでは本の紹介などもしています。

ホームページ>るびりん書林別館
Twitter@goone3toshi
「Amazon.co.jpアソシエイト」

インドの死者と感染者増加のカラクリ(命が惜しければ、ワクチンは打つな)

この時期(2021年4月末)に急増し始めたインドの感染者と死者について、そのカラクリを推測した素晴らしいページを見つけました。

blog.livedoor.jp

 

PCR検査については、その性質上、増幅回数を増やすことによって、擬陽性(本来感染していないのに感染と判定)を人為的に増やせることが複数の人びとによって指摘されています。

たとえば、田中宇氏は「田中宇の国際ニュース解説 無料版 2021年4月24日」で次のように記しています。

新型コロナのPCR検査は、検査対象者の咽頭から拭い取った体液に含まれている
遺伝子類を何回も増幅して人工的に増やし、染色して可視化するが、この増幅を
やりすぎると、無関係な「ノイズ」をコロナウイルスの遺伝子と誤判断する「偽
陽性」が多発する。何気なく撮った空の写真を大幅に拡大したら画像のノイズが
UFOに見えてしまって大騒ぎするのと似ている。「闇夜の枯れすすき」である。
米政府のコロナ政策の責任者であるアンソニー・ファウチCDC所長は昨年7月に
「増幅度が35サイクル(2の35乗=344億倍)を超えるPCR検査は(誤判断=偽陽
性が多すぎて)無意味だ」と発言したが、日本や米国の多くのPCR検査は増幅度が
40サイクルだ。英国政府が昨年3月に作った新型コロナのPCR検査のマニュアルで
は、増幅度が45サイクルになっている。

http://blog.nomorefakenews.com/2020/12/17/the-real-pandemic-is-an-outbreak-of-pcr-testing/
The real pandemic is an outbreak of PCR testing

https://bit.ly/3sHfnPe
‘test’ is being massively amplified to systematically secure false positives

 

日本や世界や宇宙の動向のリンク先記事では、今回、インドでの感染者が急増しているように見える背景として、無症状者に対するPCR検査の実施が指摘されています。

不思議なことに、インドでは最近、無症状者に対してもPCR検査を行うようになりました。つまり、インドは検査件数を急増させたのです。PCR検査はウイルスの検査には不適切であり、擬陽性を大量発生させます。

案の定、インド中で大量の擬陽性を発生させました。それでも最大でも人口の0.02%にとどまっています。

 

ただ、実際には感染者が増えていないとすれば死者の増加は説明できないことになります。この点についても、リンク先記事に、推測が記されています。

このグラフから読み取れることは、高齢者施設でコロナワクチンの接種を開始してから8週間後に高齢者施設の死者数が急増しているということです。
インド政府はコロナワクチンの接種を開始する前に14億人の国民にイベルメクチンを提供していました。その結果、コロナの治療薬として有効であることが分かったのです。インドの14億人にイベルメクチンの治験を行ったのですから世界最大の治験でした。その結果、イベルメクチンがコロナに効くことが確認されたのです。

 

 なんと、有効性の高いイベルメクチンの投与をやめて、ワクチン接種を開始してから8週間後に死者が急増しているというのです。

 

ワクチン接種が死を招いているかのように見えます。インドだけでなく、モンゴル、米国メイン州イスラエルハンガリーでも同様というのです。

 

 

この文明社会は、利己的な生命の仲間として進化してきた人類が、言葉という破滅的な力を持つ道具を使って作り上げた世界です。

 

甘い言葉、親切そうな様子、他人の好意には、くれぐれも用心したいものです。

仁和寺にて金融家たちによる侵略を目の当たりにする

私たちの周りには、偽の伝統が溢れている

 

ハワイのフラダンスもバリ島の踊りも、伝統とは切り離されて観光用に作られたものである。

 

「コンドルは飛んでいく」もTHE BOOMの「島唄」も、現地の伝統的な音楽とはまったく異質な音楽であるが、まるで代表的なフォルクローレ、代表的な沖縄音楽のような存在として広められていっている。

 

こうした動きと通じるのが近年の天守閣再建の動きである。日本の伝統のように見せながら、観光の目玉にして外資の稼ぎの種にしようというのが本当の目的となっている。天守閣の再建と合わせて、商業施設が整備され、雰囲気がぶち壊しになっていく。

 

京都の仁和寺に行けば、日本の伝統文化の雰囲気を破壊してしまう、西洋的な価値観で楽しませようとする要素がふんだんに設置されている。

 

西洋的な現代美術の醜悪な作品が屋外の随所に配置され、建物の内部にも、せっかくの部屋の雰囲気をぶち壊しにする作品が展示されていたり、古い仏像や襖絵にまじって、まるで美的感覚の異なる近年の作品が並べられていたりする。

 

=======

 

幕末に世界システムに組み込まれた日本では、学校教育といえば西洋礼賛、西洋的要素へのなじみを作り、過去の世代と断絶させて、美的感覚や人生観・世界観を西洋人に合わせて作り替えようとするものだけが与えられるようになってしまった。

 

そうして、伝統社会とは本質的に隔絶され、ただ単に伝統社会の要素を取り入れて、西洋的価値観に合わせた評価を行ったうえで、再生成もしくは創作されたものが、伝統として流布されていき、新しい世代は、そのウソに気付かないままで、嘘の伝統を本物の伝統であると受け入れるようになる。そもそも元の文化を味わうだけの美的感覚・人生観・世界観をいっさい養われることなく育つのであるから、嘘に気付くこともできないのである。

 

============

 

仁和寺世界遺産に指定されている。世界遺産とはすなわち、世界システム・国際金融屋の管理下におかれたという意味である。

 

 

180度の水平線の見える広い砂浜で

2021年3月20日、お彼岸、海を見に行きました。

 

堤防から海辺まで200メートルほども幅のある砂浜が数キロにわたって続き、海に向かって立つと目の前全体に水平線が広がっていました。

 

波打ち際に寝転んで目を閉じれば、打ち寄せる波の音が大きくなったり、小さくなったり、重なりあったりして、体を包み込みます。右から左に動く音もあれば、左から右に動く音もあります。目を開けて確認すると、それは波の前線の形であったり、波ができる場所であったりが関係していて、音は本当に動いていました。

 

寝転んで上を見上げながら目の端を意識してみると砂浜の広さもあって魚眼レンズで見たような丸い世界が見えるのでした。

 

f:id:todo_todo:20210320221009j:plain

 

目を閉じて耳で感じたことで波は波の形をしていることに気付き、広く平らな場所に寝たおかげで、視界の端が丸くなっていることを知った。

 

そんな彼岸の一日でした。

IWJはコロナ不安を煽ったり対策強化を主張することを止め、解放のために自由を求めよ

自由のない世界

言葉とその生産物である社会制度によって縛られた世界

新型コロナを理由に行動が制限される世界。

 

これは、世界情勢を理由に、人々に戦争への協力を求めた歴史の繰り返しだ。

 

かつての戦争においても、

大切なのは事実ではなく、

人々に対して与えるメッセージであった。

 

敵の脅威を強調し、

侵略の不安を煽り、

一致団結の必要性、

自己犠牲の必要性を問うことが

両陣営で行われた。

 

メッセージの伝達に合わせて、

戦争への準備を進めることを任務として与えられた人々が、

強権的に事を進め、

目論見通りに戦争へと導いた。

 

同じことが911からアフガニスタンイラクへの攻撃に於いても行われた。

 

日本の歴史を振り返れば

盧溝橋事件にせよ真珠湾攻撃にせよその真実は911と同じようなものであろう。

 

中国側も戦争を望んでいない中でなぜか強硬策に出る一団が主力となって支那事変は長引いていく。

日本側では、戦線を南方に拡大する余力などないことがはっきりわかっていながら、なぜか拡大を推し進める者たちが中心となっていく。

駆逐艦の効果が確認されていながら、なせか駆逐艦は作られず巨大戦艦が無駄に作られることになる。

 

歴史を真実の眼で見返してみれば、教科書や新聞の伝えるところ、メディアが好んで描いてみせる歴史はまったくの虚構であった。

 

繰り返そう。文明社会を作り上げた者たちにとって大切なのは事実ではなく、人々に、今の状況は危機的であると思わせるメッセージである。

 

地球温暖化議論にせよ、隠れキリシタンにせよ、毛沢東にせよ。事実を突き止める研究者がいたとしても、そうした研究が評価されることはなく、むしろ業界を追放されることになる。

 

なぜなら、この社会を作り上げた人々にとって都合の悪い「事実」は決して事実ではないからである。

 

私たちは、新型コロナの事実を知ることなく、ただ危機的状況への協力を求められて自由を奪われ、不自然な生を生きることによって、ごく少数の人々の欲望を満たすための生を送るよう押し付けられていくことになる。

 

ここから抜けだす道は、平和でも安定でも権利の保護でもなく、本当の生を生きるための解放を求めていくことにだけ存在している。

 

 

2021年3月5日追記:

本日配信された田中宇の国際ニュース解説 無料版の「ニセ現実だらけになった世界

 」に、事実をどれほど指摘しても無視されていく現実を詳しく分析した記事へのリンクが多数掲載されているので、一読をお勧めします。

 

ペンは剣よりも強し」は「言葉は暴力に勝る」という意味ではなかった!?では、本当の意味は?

precious.jp

 

カネを作るのは言葉である。

言葉が技術を生み、技術が社会を発展させ、儀礼や制度を発展させていく。やがて言葉は、本来価値のない「印刷された紙」や「通帳に印字された数字」「画面に表示される数字」が価値を持つとして扱われる「カネ」を生み、カネが人々の言葉を縛って文明社会を作り上げた。

 

未開社会の人々がそうであり、動物たちがそうであるように、言葉の力の弱い世界では、命の活動は心と体の動きに従って行われる。しかし、かつて中世ヨーロッパでキリスト教が社会を支配したのと同じように、現代の世界でさまざまな抽象概念によって人々が正しいあり方や正しい生き方を教えこまれ、心と体の動きではなく、そうした概念(言葉)によって、がんじがらめにされている。

 

本来、自然と共にあり、自然の中で生まれ、自然の中で他の命と同じように、概ねまだ若いうちに死んでいったのが生命としての人であった。

 

言葉は、人を、支配者たちによる金もうけのための道具に変えてしまった。

 

現在世界を覆っている報道禍は、地球温暖化ダイオキシン911などと同様、言葉が剣よりも強く、人を支配することを教えている。

 

 

 

「アルゴリズムの暴力」by ユーチューバー、パーカー君


家に帰ったらすき焼きがあるドッキリ

 

大学生男子ユーチューバーのパーカー氏は、整ったおとなしそうな顔に似合わない皮肉の聞いた発言も含め、女性からの人気を集めているようだ。そんな彼がどの動画であったか、ユーチューブでお勧めに表示される動画が偏りすぎている点を「アルゴリズムの暴力」と表現していて、なんと的確な言い回しなのだろうとうならされた。

 

グーグルが検索エンジンとして台頭し始めた直後に、グーグル八部という表現が生まれたように、ネット上の情報は実に暴力的なアルゴリズムによって取捨選択されて私たちに提示されている。

 

Amazonで古い本を検索すれば、目的の本に行きつく前に、こちらを買えとばかりに、より新しいかもしれないが、当方の欲しているものではない本がずらずらと提示された後にやっと目的の本が出てくる。ひどい場合は、目的の商品が登録されていても、検索結果に表示されないことさえある。

 

はてなでも、毎度毎度同じ著者の記事ばかりが一覧に表示されてくる。その中には、「ああこの人は、会社に勤めているような記事を投稿しているけれど、本当はプロの物書きで、エージェントのような立場の人なのかもしれないな」と思えて一切読みたくない人も含まれているのだが、性懲りもなくリストに上がってくる。

 

グーグルのアルゴリズムもグーグル八部と揶揄されたときからさらに改悪されて、公的なサイトが上位に来るように変えられているらしい。それは改善ではないかという人もあるかもしれないが、現在のように画一的な情報にさらされて、強制的に生活を変えられていく状況を見れば、いかに重大な改悪であったかが明らかであろう。そんな動きに抵抗するために真実を知りたくても、真実を記したページまでたどりつくことはできず、真実ではないであろう状況を現実として見せつけるための情報だけが延々と提示されてくるというわけである。

 

 

 

現代を生きるうえで知っておきたい、たった1つのこと

時間に余裕のない現代人のために最初に結論を記します。

 

たった一つのこと、それは、文明社会を作り上げているのは、富の収奪を目指したわずかな人びとの悪知恵だということです。

********

マスコミは、ことあるごとに一致団結して報道の方向性をそろえ、まっとうな反論があってもそれを無視して、おそらくは誤っているであろう情報を流し続けています。

 

小泉純一郎を持ち上げてみたかと思うと小沢一郎鈴木宗男を叩く。

同じ映像を繰り返し使って、世論を作り上げていく。

 

そんな形になるようにマスコミを作り上げたのは、マスコミの利用価値を認めた人々です。

********

学校教育にしても同様です。未開社会の話を読むと、いかに学校教育が早期導入されて、伝統社会を否定し、文明社会の価値観を植え付けようとしているかがわかります。日本でも、明治になってから、そして戦後になってから、この学校教育の力が利用されました。

 

否定される伝統社会のほうは、生命という本来的に不合理で、争いや限界の避けられない存在を前提として、何とかそうしたせめぎ合いと向き合う中で作り上げられた価値観に基づいていました。教え込まれる価値観のほうは、そんな現実を捻じ曲げて、誰もが報われ、協力できる理想的な社会を実現できるのだという前提に立った、非現実的な価値観です。そうした価値観を与えておけば、悪賢い人々は、伝統社会を破壊して権力や資産を奪いとることができるだけでなく、大衆を操作することも簡単になるのです。

********

なぜ国連には常任理事国などというものがあり、戦争の責任をとるべき国々が名を連ねているのでしょう。

 

なぜ明治以来ずっと、西洋諸国は日本に不平等な条約を押し付けてくるのでしょう。

 

ハワイが併合されたのは移民を受け入れたからでしょう。なぜそんなことが起きるのでしょうか。

********

社会の進歩、自己実現、新しい時代などという言葉に騙されてはいけません。そうした言葉を使って狙われているのは、労働者としての価値を高め、消費者としての購買力を高めて、文明の命ずるままに生きる人々を作り上げることなのですから。そうしてできあがった人々は、より多くの富を、悪知恵に長けたほんの一握りの人々にもたらしてくれるのです。

********

局所的な見方をしてはいけません。

風に舞って遊ぶ烏たちの楽しみを文明人は奪われてしまっています。

動物と人の中に同じ心を見て、動物と同じように生きることが当たり前であるとそのまま感じることのできた先祖たちの心を文明人は持てなくなってしまっています。

身近にたくさんの生命が溢れ、たくさんの死を目にしながら生きていたときの、死との近さを私たちは失っています。

 

そういう方向へと動かすことが、悪賢い人たちに利益をもたらすからです。

********

 

話題のダイエット方法