読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日出てゐる青い空

日々雑感をつづります。ホームページでは本の紹介などもしています。

ホームページ>るびりん書林別館
Twitter@goone3toshi
「Amazon.co.jpアソシエイト」

肉体について

肉体は鍛えれば強くなり、子孫たちにも受け継がれていく。

楽をすれば衰え、子孫たちにも受け継がれていく。

(本質を見れば獲得形質も遺伝すると考えてよい)

 

 

たとえば、サバンナの草食獣たちは肉食獣を恐れて

2時間ほどしか寝ないのかもしれないが

睡眠不足でフラフラになったりはしない。

 

猫は一日中寝ているが、

体長の何倍もの高さまで飛び上がることができる。

 

 

いずれも、祖先たちの暮らしが

与えてくれた能力である。

 

 

 

 

 

この視点から人類史を振り返ると、

人は工夫を重ねることで

肉体を衰えさせてきたことが

はっきりする(脳も含む)。

 

 

たとえば、農耕を知らないピグミーやブッシュマンはお産が軽いのだ。

味覚もタフで、渋みの強い果実をおいしく食べることができる。

5000年前のアイスマンが今に蘇ったなら彼は最も賢い部類に入っただろうという

論文もある。(ただし、それは別種の、より洗練された知性を身につけたためだと主張する研究者もいる。)

If Modern Humans Are So Smart, Why Are Our Brains Shrinking? | DiscoverMagazine.com

人類の脳が3万年で、1割縮小していた。 | 2011-02-07 | Time-AZ

 

 

 

 

 

 

 

これが事実だ。

 

ヒトが工夫を重ねるほどに

ヒトは多様性にあふれる環境を失い、

肉体を鍛える環境を失い、

知的にも身体的にも衰えていくのだ。

 

 

 

肉体には別の意味もある。

それは人の知能も感情も

肉体の体験を通じて発達するということである。

 

あいまいで複雑な自然環境に囲まれ、

親と密着しながら生後三年間を過ごすことで

人の知能と感情は発達する。

 

これが可能なのも

動物的な暮らしである。

 

 

 

人はなぜ山に登るのか、

文明社会が失った生がそこにあるからだ。

 

参考文献

アルピニズムと死

自然を愛しているからという理由だけで踏み入れるのではない。まして自己表現のために高みを望むものでもない。 限界線から一歩踏み出すたびに、生命が躍動した。安住できる土地を離れ、不安や孤独を感じながらも、克服することがより困難で切りたった場所に向っていった。

 

 

 

 

話題のダイエット方法