読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日出てゐる青い空

日々雑感をつづります。ホームページでは本の紹介などもしています。

ホームページ>るびりん書林別館
Twitter@goone3toshi
「Amazon.co.jpアソシエイト」

人口爆発も資源枯渇も怖くないー人類の長い歴史とワクチン接種

人は大型霊長類として、一定のなわばりの中を、離合集散可能な群れを作って移動しながら暮らしていました。この時代、散在する食料などの資源を巡って移動する生活は、個体を抑制し、大規模で全面的な闘争は起きにくい状態にありました。

 

水産資源の利用によって定住したこと、備蓄するようになったこと、さらには農耕を開始したことで人類は増え始め、土地をめぐって戦争が盛んに行われるようになりました。日本でいえば縄文晩期または弥生時代が戦争の始まりになりました。

 

その後も、農耕社会では人口増加の圧力は存在し続けていましたが、強大化した権力によって人口増加と環境破壊が抑えられる状況が生まれました。もしも強大な権力による抑止がなければ、森はすべて切り開かれ、はげ山が広がる大地になってしまったのです。

 

こうして振り返ってみれば、農耕社会において強大な権力が庶民を抑圧したことは当然の成り行きでした。そうしなければ、社会を維持できなかったのです。

 

次に訪れたのが、この権力を倒して人々を抑圧から解放すると喧伝する社会でした。新しい社会の技術力は、世界各地に残っていた狩猟採集社会やゾミア的農耕社会もまた破壊して、鉱物を掘り出し、木々を伐採して農地を拓きました。いまや、新しく切り開く農地はなくなり、鉱物も掘り尽くそうとしています。

 

ここで、支配者の目線に立ってみましょう。このままでは、増える人口が環境を悪化させて、人々の不満が爆発することを避けられそうにありません。どうすればよいでしょうか。

 

人々に、健康のためとワクチンを注射して不妊にしてしまえば、よいのだと考えついたとしても不思議はありません。

 

人類史を長いスパンで振り返れば、私たちが不妊ワクチンが絵空事ではないことがはっきりとわかってくるのです。そして、ワクチンを打たれるような世界が、悪夢の世界であることもわかってくるのです。

 

破滅に向かう日本④ 全ての日本人女性は不妊処理、もしくは毒殺されるのか? : ijn9266のブログ

 

話題のダイエット方法