読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日出てゐる青い空

日々雑感をつづります。ホームページでは本の紹介などもしています。

ホームページ>るびりん書林別館
Twitter@goone3toshi
「Amazon.co.jpアソシエイト」

トヨタも東電もMicrosoftもGoogleも、「支配者」の意図の下で育つ

車を売りたくても道路や法が整備されていなければ売ることはできない。

電気を売りたくても、法が整備されていなければ鉄塔を建てることもできない。

コンピュータを売りたくても、法で禁じられていれば売ることはできない。

検索機能を売りたくても、法で禁じられていれば売ることはできない。

 

私たちの社会は、支配者たちの利益に応じて「あれは推進」「これは禁止」とする理屈をつけて、またはうやむやのうちに、方向性を定めた法やインフラ整備によって進路が決められている。

 

陰謀論」を手がかりに不思議を突き詰めていくと、

今の世界は、政府が法を定め、税金を投入してはインフラを整備しているからこうなっているのだということがわかる。

 

たとえば麻について考えてみればいい。

麻がどんなにすぐれていようと、禁じられていれば盛んに栽培されることにはならない。それが現在の状況である。

 

たとえば輸血について考えればよい。

http://sharetube.jp/article/1379/

輸血に代わる安全な手法が存在していても、輸血がどんなに危険であっても、輸血が支配者側と結びついていれば、決して禁じられることはなく、代替手法が広められることもない。それが現在の状況である。

 

たとえば「125ccカー」、「水で走る車」、「水とガソリンを混ぜて燃費とパワーを向上する水混合燃焼システム」について考えればよい。

技術的に何の障害もないはずのこの便利な車は、何度も市販時期を報道されながら、結局実現に至っていない。

 

著作権も土地の私有も法人制度も、本当は道理にあってなどいない。

 

私たちが、新聞報道やテレビ報道に脊髄反射のように反応している裏で、うやむやのうちに社会の進路が決められている。観光立国や、五輪誘致、万博誘致なども誰がどうきめたのか、よいことなのかどうか一切説明されることなく、「協力しよう」「この流れにのって収入をふやそう」と動機づけられていく。

 

本当に大切なことは、本来の姿を知り、これを基準として判断していくことである。その結果、今の社会がどれほど異様なのかがはっきりと見えてくるのだ。私は、ヒトの本来の生き方は、大型霊長類の一種として遊動する狩猟採集生活を送る生き方であると判断している。そのことによって、支配者たちの意図がはっきりと見えてきている。

 

私自身、人生の半ば過ぎまで、支配者たちが作る社会の動きに呑み込まれて行動し、思考するだけであった。バイオテクノロジーにあこがれ、ビルゲイツにあこがれ、国連職員や国境のない医師団を尊敬した。市民社会や、成熟した民主主義などという言葉を信じ込んだ。だが、それは支配者たちが用意した回答でしかなかった。

 

今ははっきりとわかる。私たちが自分の人生を生きることは、支配者たちの意図を外れたとき初めて可能になるはずなのだ。

 

 

 

 

 

話題のダイエット方法