読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日出てゐる青い空

日々雑感をつづります。ホームページでは本の紹介などもしています。

ホームページ>るびりん書林別館
Twitter@goone3toshi
「Amazon.co.jpアソシエイト」

魂が泣いている

自然と調和した暮らしを目指して

多くの先人たちがいる。

 

森の生活 ウォールデン

ヤナの森の生活

僕はお金を使わずに生きることにした

アニミズムという希望―講演録・琉球大学の五日間

税金のない国 ラコタ共和国

仮に「挑戦者」としておこう。

 

一方で自然と調和した暮らしを続けてきた人たちもいた。

ブッシュマン

ピグミー

ピダハン

ハッザ(NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2009年 12月号 [雑誌])

仮に「実現者」としておこう。

 

目を覚ましてみれば、

挑戦者たちが目指していく先は

実現者たちがすでに実現していた社会だ。

 

基本的にお金は必要ない。

自然環境は保全されている。

暮らしはゆったりしており、あくせく働く必要はない。

精霊を信じているが、あくまでも現生主義、現実主義である。

 

そして何より重要なことは、

実現者たちはその暮らしに満足して幸福なのだ。

その暮らし方は、人類が長い歴史のほとんどを過ごしてきた

暮らし方と実質的に変わっていない。

 

大方の人の印象とは裏腹だろうが

実現者たちはその暮らしを捨てたいとなど考えてはいなかった。

 

遅れているわけでもなければ、

助けを求めているわけでもなく、

知能は私たちよりも高く

身体は健康である。

他者に依存するひ弱さも持たない。 

 

そんな暮らしを奪ったのが挑戦者たちの暮らす世界であった。

強引に奪うもの、宗教を絡めるもの、

医療や教育の提供を表向きの理由とするもの、

手法は違っても、

そのままでいることを実現者たちに許さない点で共通している。

 

長く続けてきた本来の暮らしを送ることができなくなって

かつては必要のなかった、

本質を外れた活動(勉強・仕事・消費)に一生を費やす。

楽しいはずの娯楽もまた管理された世界でしか許されない。

保身のために本音を語ることもできず、

生命の本質を問うことも少なく、

動物や自然を忘れている。

 

こんな世界を作りあげて

人類の魂は泣いている。

 

 

話題のダイエット方法