読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日出てゐる青い空

日々雑感をつづります。ホームページでは本の紹介などもしています。

ホームページ>るびりん書林別館
Twitter@goone3toshi
「Amazon.co.jpアソシエイト」

石で遊んだ思い出

アフリカに住む小さい人たち、ピグミーの子どもの遊びを知って、*

彼らの遊びは野球やバレーボールなどとは違い

競ったり、争ったりする遊びではないことを知りました。

 

皆で協力して木をしならせ、

リズムを合わせて飛び上がったり、

大人の真似をして弓矢で的を射たり、

クモをつかまえて大人たちと同じように分配してみたり。

 

こういう遊びが本来の遊びで、

今の子どもたちが夢中になっている野球やサッカーは

本来の遊びなどではないということを知りました。

 

これが半年ほど前のことだったでしょうか。

これを知ったことで、

私は男なのにままごとのようなことのほうが好きだったことや、

家の近くに大きな岩がいくつもあって、

その上で遊んでいたことなどを思い出していました。

 

昨日になって、子どもの頃、

変った遊びをしていたことを思い出したのです。

それは石を擦り合わせて

粉を作る遊びです。

堅くて大きく平たい石を下に置き、

色の付いたとがった石を擦りつけます。

砥石で研ぐときのように水を加えているので、

粉は飛ばないで色の付いた水ができます。

 

最近、ペトログラフに関心を持っていたので、

思い出したのかもしれません。

 

 

古代の遺物には、

このような遊びが発展してできたものが

けっこうあるのかもしれません。

 

*『豚と精霊』、『森の猟人ピグミー』(コリン・ターンブル)、『森の小さな〈ハンター〉たち: 狩猟採集民の子どもの民族誌』(亀井伸孝)、『森に生きる人―アフリカ熱帯雨林とピグミー (自然とともに) 』(寺嶋 秀明)

 

 

 

 

話題のダイエット方法