読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日出てゐる青い空

日々雑感をつづります。ホームページでは本の紹介などもしています。

ホームページ>るびりん書林別館
Twitter@goone3toshi
「Amazon.co.jpアソシエイト」

ゲゲゲの鬼太郎

2015年11月30日、水木しげるさんが93歳で亡くなられました。

 

水木さんと言えば、戦時中に厳しい軍隊の中にいながら、

現地の先住者たちと仲良くなって、妖怪の話などを聞いたという

肩ひじを張らない生き方で親近感を感じさせてくれる方でした。

 

私が以前住んでいたビルには、一階に食料品店があり、

水木さんのバナナ パトロールにならって、

お値打ちな蟹が並ぶのを期待しては、

蟹パトロールをしていたものでした。

 

子どもの頃、テレビでゲゲゲの鬼太郎を見ては、

「おばけにゃ学校も試験も何にもない」という

歌詞に憧れていました。

 

www.uta-net.com

 

きっと水木さん作詞なのだろうと確認してみたら

やはりそうなのですね。

 

 

当時は全然知らなかったピグミーやエスキモーの暮らしを

知った今になってみると、この歌詞にあるような暮らしを

人類はずっと続けていたんだなと改めて考えるようになりました。

 

もちろん、人間には病気も死もありますから、

ゲゲゲの鬼太郎の歌詞のようにはいきません。

 

でも、鬼太郎たちのように学校も会社もなく、

耕すこともせずに生きている人たちの暮らしを見ると、

そこに死があふれているからといって

絶望しているわけでもないことがわかります。

生き生きとたくましく、自信を持って

暮らす様子が伝わってきます。

 

 

この歌詞を作った頃の水木さんは

この歌詞のような生き方が本当なんだよと

いいたかったのではないでしょうか。

 

話題のダイエット方法