読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日出てゐる青い空

日々雑感をつづります。ホームページでは本の紹介などもしています。

ホームページ>るびりん書林別館
Twitter@goone3toshi
「Amazon.co.jpアソシエイト」

漁師とMBA

メキシコのとある田舎町。
 アメリカ人旅行者と地元の漁師が会話をしている。

「それ、すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの?」
「そんなに長い時間じゃないよ」
「もっと漁をしていたら、もっとたくさん魚が獲れたんだろうね。惜しいな〜」
「でも、自分の家族が食べるには、これで十分だよ」
 「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするのさ?」
 「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、女房とシエスタして。夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって・・・これでもう一日終わりだね」

すると旅行者は、急に真剣な顔になり、漁師にこう提案した。

「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、君にアドバイスしよう。
いいかい? 君は毎日もっと長い時間漁をするべきだ。それであまった魚は売る。お金が貯まったら大きな漁船を買うといいだろう。漁獲高は上がり、儲けも増える。そして、儲けたお金で漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。やがて大漁船団ができるまでね。そうなったら、仲介人に魚を売るのはやめだ。自前の水産品加工工場を建てて、そこから魚を世界中に輸出するんだ。
その頃には、君はこのちっぽけな村を出て、メキシコシティに引っ越しているだろうね。ロサンゼルスやニューヨークで家を持つことだって可能だ。君は、マンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるといいよ」

漁師は尋ねた。

「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」
「20年、いやおそらく25年もあれば、そこまでいくね」
「なるほど。それからどうなるんだ?」
「それから?  そのときは本当にすごいことになるよ。今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ! そうなれば、もう働く必要はないよ」
「それで?」
「引退したら、海岸近くの小さな村に住んで、日が高くなるまでゆっくり寝て、 日中は釣りをしたり、子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって過ごすんだ。 どうだい? すばらしいだろう!!」

 

有名な話なのでご存じのかたも多いでしょう。

 

面白いなあと感じたのは、ここで登場するのが、漁師という、狩猟採集の生き方に近い職業であったということです。

 

実は、世界中で、この漁師のような生活が奪われていきました。

大型の船で乗り付けて、漁場を荒らす人々が登場したために、生活していくだけの収穫を得られなくなったせいです。

 

たとえば、漂海民バジャウの場合がそうでした。

アマゾンでは、鉱物資源を狙って、ヤノマミの人々が殺されています。

日本でも、川漁で生活していた人々が水質悪化などによって、生活を続けることができなくなっています。

 

ここで大切なことは、漁師のような生活であれば、万人が幸せに暮らすことができ、持続可能な生活である一方で、ビジネスマンの提案する生活はほかの人々から幸せな生活を奪い、持続不可能な生活であるということであると私は考えます。

 

狩猟採集の暮らしでは、身近に食料があふれているため明日の糧を心配する必要がなく、母親が幼い子を置いて仕事に出る必要も、お偉いさんにへいこらする必要も、睡眠時間を削って労働する必要もありません。

 

 

もう1つの重要な点は、大金持ちになって優雅な生活を送ったとしても、それはだれかが作りあげた仕組みの中で、より上位を獲得したにすぎないということです。つまり、だれがこの仕組みを作ったのかを知ることなく頑張ったとしても、本当の勝者ではないということです。

 

私たちが、今の価値観に疑問を持たないうちは、誰が作っているのかもわからない法律や経済の仕組みに巻き込まれて、その中で成功することだけを目指して一生を終えるしかありません。

 

他方で人間以外の生物は、それぞれの生をまっとうしさえすれば満足に一生を終えることができます。人間も、自然に囲まれて自然に衣食住のすべてを頼る生活をしていたなら、いつの間にか育っている植物や、移り変わる季節に驚きながら暮らすことになるでしょう。人の作った世界の代わりに自然界の不思議を受け止めて暮らす生き方です。

 

そのような生き方は、自分の年齢も時間も知ることなく過ごして、傍目には無為に見える一生を過ごしたとしても、現代社会に生きて、他人の作ったルールの中で成功や生き残りのために必死に過ごす生き方よりもずっと意味のある生になるでしょう。

 

私たちは、MBA、銀行、会計制度、学校制度、国家、国際機関など人間が考えだしたさまざまな概念にある程度の妥当性は存在しているとどこかで仮定してしまっています。しかし、動物たちと同じような生き方をすることが人間にとっても幸せであると想定したならば、農耕牧畜を初めとして、動物のような暮らし方を奪うさまざまな活動は犯罪行為に逆転します。

 

狩猟採集民よりも人口密度が高く、構成人数の多い農耕牧畜の暮らし。狩猟採集民よりも不自由で、女性の地位を下げ、異常気象に弱く、重労働の多い農耕牧畜の暮らし。

 

人間が狩猟と採集を離れたところに人間の幸せはなく、かえってきままな生活のできていた空間を奪っているだけであるという事実と、したがって、狩猟採集生活を離れて作りあげられた経済などの仕組みは、何の正当性も持たないということを、この寓話から読み取ることもできるのではないでしょうか。

 

 

 

話題のダイエット方法