読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日出てゐる青い空

日々雑感をつづります。ホームページでは本の紹介などもしています。

ホームページ>るびりん書林別館
Twitter@goone3toshi
「Amazon.co.jpアソシエイト」

ふんだんに食べて味覚が変わった話

味覚は不思議だ。

 

昔、アイスコーヒーのつもりで飲んだらコーラが口に入ってきて

びっくりしたことがあった。

経験したことのない味だった。

飲みなれた飲み物も、意識ひとつでまったく違う味に変えてしまう。

味覚は不思議だ。

 

 

塩気が強すぎるととても食べられなくなるのに、

甘みはかなり強くても平気なことが多い。

単に化学的な性質によるのかもしれないが、

人体に害を及ぼすほどの糖分を味覚は受け入れてしまう。

味覚は不思議だ。

 

 

さて、ふんだんに食べた話。

 

ある夏、トマトをふんだんに食べた。

昼と夜の2食、トマトを主菜にするくらいにたくさんたべ、

ひと夏食べ続けた。

不思議なことに、それまでよりもトマトを好きになっていた。

 

 

手に入るものを楽しく食べられるように味覚が変わるのか。

体質にあった食べ物だからおいしくなるのか。

とにかく、飽きるどころか、トマトをおいしく感じ始めたことは

ひとつの驚きだった。

 

 

食べ飽きるとはどういうことか。

今の自分の味覚はまともなのか。

味覚が変わることにどんな意味があるのか。

 

さまざまなことを考えさせてくれる経験だった。

話題のダイエット方法