読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日出てゐる青い空

日々雑感をつづります。ホームページでは本の紹介などもしています。

ホームページ>るびりん書林別館
Twitter@goone3toshi
「Amazon.co.jpアソシエイト」

人間はもっと動物である

『裸体人類学』で全裸となって鉄を作る人の姿を見た。

 

 

裸体人類学―裸族からみた西欧文化 (中公新書)

裸体人類学―裸族からみた西欧文化 (中公新書)

 

 

 

『未知の裸族ラピチ』で性器を一切隠さない人々を見る。

 

未知の裸族ラピチ (1967年)

未知の裸族ラピチ (1967年)

 

 

かつての日本では老若男女が裸体をさらし恥じなかった。

 

裸体ひとつをとっても、いつのまにか価値観をすっかり

押しつけられ、人間の心が歪んでいっている。

 

『本当は怖い動物の子育て』によって、人間は動物としての

存在であり続けるしかないこともわかる。

 

本当は怖い動物の子育て (新潮新書)

本当は怖い動物の子育て (新潮新書)

 

 

裸を羞恥するように、人権や愛という言葉を使って

本来の価値観がいつの間にかゆがめられ、

人間の心がかえって失われていく。

 

 

人間は精霊を信じ、裸を羞恥せず、

動物のように利己的で

動物のように愛情深く、

動物のように非情で、

進歩のない暮らしに満足できる、

そんな存在のようである。

 

 

 

話題のダイエット方法