読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日出てゐる青い空

日々雑感をつづります。ホームページでは本の紹介などもしています。

ホームページ>るびりん書林別館
Twitter@goone3toshi
「Amazon.co.jpアソシエイト」

日本人にとっての宗教画

結婚して以来、毎年、絵画カレンダーを購入しています。

今年は、妻が、東山魁夷のカレンダーを購入してきました。

 

今までのところ、1月と3月は風景画が描かれていました(2月は建物)

 

1月は冬の少しあわ立った海が描かれていました。

3月は針葉樹の林が向かい側にあり、こちら側には

落葉樹の枝が垂れかかって芽吹き始めた様子になっています。

 

どちらの絵も、太陽光の加減が絶妙に表現されていて、

見る人の心がさびしければさびしく、

落ち着いていれば落ちついて

力強ければ力強く見えてくる不思議な絵です。

 

毎日のようにこの絵を見ていると、

このような風景画こそが日本人にとっての

宗教画だったのだなと思えてきます。

 

絵画として描かれたことにより、

自然からの慈しみがしみじみ伝わってきます。

 

私にとっては西洋の宗教画よりも

日本画の風景画のほうがずっと宗教的な

絵画です。

 

 

 

 

 

話題のダイエット方法